個別性への取り組み

「 みなともWORKS 」をプレオープンしました!

「 職業選択に自由を。」をコンセプトとした、脳卒中後遺症を持つ方に特化した再就職を支援するプログラムです。 詳しい支援プログラムは、みなともWORKS公式サイトのオープン後にお知らせいたしますが、「 脳卒中後遺症に特化した、送迎付きで、新たなスキルを習得して、職業復帰・定着を支援するプログラム 」を準備しております。 現在はモニター利用者様の…

続きを読む

「 ケアプラン みなとも 愛西 」を開設しました

2021年4月1日に、「 ケアプラン みなとも 愛西 」を新設いたしました。 みなともの居宅介護支援事業所は2事業所体制になるにあたり、「 くらしととのう。」というコンセプトを作成しました。 ケアマネージャーの仕事は、良くも悪くも関係する皆様の暮らしを左右します。大切な皆様の暮らしや気持ちが「 ととのう ( 整う、調う ) 」ことを目指して日…

続きを読む

定期的な訪問看護の365日体制を整備しました

訪問看護リハビリテーション みなともは、かねてより24時間対応体制を整え、緊急時・必要時には営業時間外( 土日や年末年始 )の訪問看護を行って参りました。 この度、ご希望される方に限り、定期的な訪問看護 ( リハは除く ) を365日体制でご提供できることとなりました。 高度なケアが必要なために、自宅での看護を諦めかけていた方にとって、ひとつ…

続きを読む

お給料ってどうやって上がるの?

みなともの昇給は年1回春に実施しています。給料に影響する事柄は大きく4つです。 ベースアップ 1つ目はいわゆるベースアップと言われるもの。ここ3年は0.5%→1%→0.5%で推移しています。月給250,000円の方だと1,250円が昇給額になります。法人全体の業績で昇給率が変動する仕組みです。 投票制度 2つ目は投票制です。春と秋に年2回実施…

続きを読む

社内ベンチャーについて(片麻痺用杖開発プロジェクトver)

みなともでは ・将来的に起業をしたい。・新しいサービス作りたい。・福祉用具や医療機器を作って広めてみたい。・アプリ作って広めてみたい などなど情熱を持った社員を応援します。 今回は前回紹介できなかった片麻痺用杖開発プロジェクトについて紹介します。このプロジェクトに関わっている職員は社内の理学療法士とデザイナーです。 2人の原動力を強みに社外の…

続きを読む

社内ベンチャーについて(ODEKAKE ver)

みなともでは ・将来的に起業をしたい。・新しいサービス作りたい。・福祉用具や医療機器を作って広めてみたい。・アプリ作って広めてみたいなどなど 情熱を持った社員を応援します。 現在はODEKAKEプロジェクト(外出支援や旅行支援)と片麻痺用杖開発プロジェクトが稼働しています。今日はODEKAKEプロジェクトについて紹介します。 ODKEKAKE…

続きを読む

ファミリーサポートと多様性の文化

みなともには子育てをしている社員がたくさんいます。特にまだ小さなお子さんを育てているご家庭にとって、働くことと子育てを両立させるには、周りの理解がとても大切と考えています。 みなとものサポート体制は ・子どもの病気・怪我を理由とする当日欠勤OK・未就学児なら有給とは別に有給の子の看護休暇付与・夏休みなど長期休暇中に少し勤務時間をずらせる・18…

続きを読む

柔軟な勤務体制

みなともの勤務体制は自分の希望を伝えることが始まります。 例えば、 「週5日勤務で月曜日だけ15:00を定時にしたい」 「週4勤務で正社員になりたい」 「祝日は休みにしたい」 「フレックスタイム制で自分で時間をコントロールしたい」 など希望に合わせて初任給が決定されます。 また暮らしの変化によって勤務体制を変えることもあります。 「子どもが大…

続きを読む

エクササイズタグによるオリジナルメニュー

リハビリ専門デイサービスみなともではエクササイズの個別性を実現するために一つひとつの運動をタグで管理しています。 利用者様一人ひとりに対して、問診を行い、専門的に身体機能をチェックすることでオリジナルの運動メニューをお作りしています! できあがったエクササイズメニューはこのようなかたちで利用者様自身が自己管理できるようになっています→ 同じ運…

続きを読む

最高の体験をあきらめないODEKAKE

リハビリを頑張る理由は人それぞれです。 お出かけすることや何かを体験すること、これがとても大きな力になる方もたくさんおられます。 みなともでは単にリハビリやケアだけにとどまらず、その人にとっての暮らしを豊かにするものは何かというところにも意識を向けています。 そんな一人ひとりの最高の体験をあきらめないためにODEKAKEというサービスが生まれ…

続きを読む